株式会社タウラボ

ウェブが楽しいと、ビジネスが楽しい!

株式会社タウラボ
About TAULABO

お客様の目的達成を最優先に
「ブランド戦略」にこだわるホームページ制作会社です。

限られた人数で、変化の早いウェブやSNSサービスをどのように運用に取り込むか・・・
そんなお客様の悩み・課題に寄り添い、ブランド戦略・販路拡大をこれまで200件以上サポートしております。
お客様により異なる戦略課題やウェブ運用体制の課題に対して独自の提案ワークフローを駆使しながら、丁寧に解決いたします。

私たちの実績
Why TAULABO?

ウェブ戦略は、
ウェブ戦略専門のタウラボへ!

「ウェブが楽しいとビジネスが楽しい!」
これが、当社のブランドプロミス(お客様に対するお約束)です。
ホームページ・ウェブ戦略と言っても多種多様なセオリーがあり、
業種が違えば全く違う戦略設計とシステムが必要になります。
また現在はSNS、動画、Web広告、地元テレビやラジオも含めメディアが多様化しています。
これらを上手に活用し、企業認知が増え、新たな可能性が見えたら、ビジネスが楽しくなると思いませんか?
タウラボの強みは、まさにこれらの総合的・継続的なサポートです!
お客様特有の経営課題を理解し、豊富な成功事例を武器に、
「ウェブが楽しいとビジネスが楽しい!」を実感頂けるようサポートいたします。

私たちの強み
株式会社タウラボ 株式会社タウラボ 株式会社タウラボ 株式会社タウラボ

ウェブ戦略だけじゃない!

御社の企画、「戦略デザインファクトリー」にて、
まるごとお受けします。

戦略デザインファクトリー

差別化が難しい時代、多くの中小企業はマーケティング部や企画部がなく
あってもマンパワー不足で一貫した品質での継続が困難な現状です。
株式会社タウラボとtashizan branding designで運営する「戦略デザインファクトリー」では
お客様の継続的なブランド戦略をサポートすべく
商品開発、コンセプト立案、コピーライティング、パッケージ、ロゴデザイン、Web展開、販促ツールなど
多岐にわたり対応しております。
戦略デザインファクトリーはプランナー、デザイナー、フォトグラファー、料理研究家、作曲チームなど
長崎県を中心に各分野のスペシャリストで構成されているユニークなチームです。

戦略デザインファクトリー

【メディア掲載】長崎新聞に「お佛だんのむらた」様プロモーション取り組みを掲載いただきました♫

長崎新聞 経済面 お佛だんのむらた タウラボ

今朝の長崎新聞 9面です📰❗
withコロナにおけるお佛だんのむらた様のプロモーションの取り組みを取材頂きました。
変化を求められる時代に社会的意義のある記事にして頂きありがとうございます!

以下、記事内容です。

位牌製作CMで注文倍増
諫早『お佛だんのむらた』

九州で数少ない手彫りの位牌を製作、販売する諫早市の「お佛だんのむらた」(村田好隆社長)。
この春、手彫り位牌の製作過程を収めたテレビコマーシャル(CM)を導入したところ、全国各地から同社ホームページ(HP)に注文が急増。
コロナ禍による消費低迷が叫ばれる中、「本物」を追求する消費者の心をCMとHPでつかみ、新たな顧客獲得と全国展開につなげた。

同社は1969年、市内で創業。
90年代のバブル期、仏壇や位牌も機械化か海外生産が進み、価格競争の波にさらされた。
しかし、同社は専属の職人が作る仏壇や位牌の材質などにこだわり、顧客の満足度を高める商売を貫いた。

位牌製作は、書道師範である村田社長の妻、育子さんが戒名などを下書きした後、村田社長が朱色の文字を薬研彫り(やげんぼり)という独特の技法で彫り進める。
価格は2万~50万円台と幅広い。
HP上での受注は2018年初めから開始。
材質や形を選んだ後、専用の注文書に故人の戒名や命日、宗派、納期などを記入して同社に送り、料金支払い後、製作に入る流れ。
村田社長は「一度も話さないまま作るのは気が引けるので、(注文者に)電話で具体的な仕上がりを伝えている」と”非対面”の接客にも気を配る。

HPに動画も 手彫り技法公開、全国展開
長年続けていた紙媒体(折り込みちらし)による広告宣伝に限界を感じ、今年春、手彫り位牌のCMを制作、県内の民放で放映。
同社HPでも位牌の製作過程を収めた動画を公開した。
すると、来店者やHPの注文者の年代、居住地が変わり始めた。
来店者は従来、諫早市や島原半島の中高年層が中心だったが、長崎市や県北地区に拡大。
20~30代からも問い合わせが増え、HP注文も九州各県や首都圏から相次ぐ。
手彫り位牌の注文数、売り上げは今年8月だけで前年同期比約2倍増。
村田社長は「コロナ禍で外出控えが増え、CMで手彫りのよさを知ってもらい、従来のHP注文スタイルが生かされた」とデジタル戦略転換に手応えを語る。

HPとCMをプロデュースしたタウラボ(諫早市)の田浦健社長は「長年、いいものを取り扱い、 手彫り位牌という強みを持っていたからこそ。厳しい時代に思い切って攻めに転じたことで、面白い結果が出ている」と分析する。
(高比良由紀)